ザフトさんのブログだよ

自分自身と向き合うためにブログやってます。

これからについて

今後のブログの方向性

このブログ初めて1年以上たったんだけど、今後どうするか迷ってる。もともとブログで稼ぐ目的で始めたから、はじめの方は商品紹介したりする記事ばっかでつまらなくて消したりしてて。なんとなくゆるーく続けてたら読者の方も増えていって、減って、増えて。自分の黒い部分とか病んでるところも吐き出したりできてすごく自分と向き合えているんだけど。書くテーマに統一感あった方が良いのかな~とも思ったりする。

今後は出来たら独自ドメイン取得してサーバーもとってはてなの無料ブログ状態から脱したいって考えてる。つまりブログ移転ですね。やり方もちゃんと調べなきゃだし、すでにある第2の独自ドメイン取得済みブログと、ppcアフィリエイト用ブログを抱えているのでお金の心配もあり。

ppcアフィリエイトというのを始めようと思っていて。準備は大体できたんだけど、学校とか忙しいし風邪もひいてしまったので、もう少し後に始めようと考えてる。

 

 

大学2年後半に突入

夏にドイツ行ってから、ドイツに留学しようという気が無くなった。(笑)旅行でいいかなとか思うようになっちゃったんだよねぇ。なんだろう、文化になじめないかも。日本と真逆だし。日本の他人中心主義?常に他者のことを考える生活も苦しいけど、ドイツの自分中心主義もだいぶしんどい。文化の違いなんだけど、私は日本の方があってるし、海外行くたびに日本が良いって思う自分がいる。ドイツも好きだけど、ずっと住みたいとかは思わないかなぁ。今のところ。これからは知らん。

だから資格のB1(レベル)までは取れるよう勉強するけど、留学は…って感じ。ほんとこれからゼミも始まるし、もしかしたらゼミの内容をドイツに行ってもっと深く勉強したいって思うかもしれないし。微妙だわ。

ちょうど一年後には就活が始まるから、将来のことについて考えるけど思い浮かばない。なんか企業で働く自分がイメージできないんだよねぇ。自分の興味の方向が企業の歯車的な感じで日々パソコンに向かったままとか、オフィスにいるっていうのと違う気がする。正直全然分かんないし、考えたくないな~って思うよね。

 

 

sabonのスクラブまじで良いから紹介させて

風邪をひきました。鼻水がつらいです。

 

最近自己投資にはまっていて、自分に本買ったり化粧品買ったりすごく楽しんでます。その中でもSABONのスクラブが超良いので紹介させて。ほんと良いよ。ステマかよ。

 

フェイスポリッシャー

 

 まずはフェイスポリッシャ―。いくらしたっけな、4000円くらい?自分への投資としてはだいぶ高い。ネットでもめっちゃ評判良くて、店舗行って手にやってもらって感動したから買った。

 

香りはミント。実は私ミントそんな好きじゃないんだけど、もちすべ肌のためにと思って我慢しようと思って。でも実際そんなにきついわけじゃないし、においに慣れてくる。朝やるとスッキリ。

 

これのすごいとことはなんといっても!!肌がめっちゃツルツルになる!しかもさっぱりというより「しっとり」感が感じられる!

 

しっとり&つるすべって感じ?使い始めて1週間超えたけど、肌が柔らかくなったのすごい分かるし、毛穴も前より目立たなくなった感じ!

 

前は朝晩使ってたけど、クレンジングあとは洗顔で毛穴の汚れ落とした方が良いってなったから、朝だけ使ってる。

 

目覚めにピッタリだし、朝このスクラブするんだ!って思うと頑張って起きられる(笑)

私が買ったときは在庫2個だったし、めっちゃ売れてるんだね。

 

 

ボディスクラブ

 

 はい、出ました有名どころ。香りは甘い。バニラより甘~って感じではないけど、甘い香り。母親が「いい匂いい匂い」って言ってる。値段は5000円はしたかな?

 

スクラブは顔用と比べると粗い。オイルとスクラブを良くかき混ぜて使ってる。週に2回が目安?だけど週1でも全然いいと思う。個人的には3日くらいですべすべ感と香りが消えかけるから週2がいいな。

 

専用の木のスプーンで取って使う感じ。全身でスプーン2杯って言われたけど、1杯で十分。私は。

 

くるくるスクラブしてるときは、しっとりしたかな?って感じなんだけど、流した後は感動する!!ホントにヤバい!!うるうるしっとり肌の完成!!保湿クリームいらないって思うくらい。これは実際にやってみないと分からないうるすべ感。

 

父親の乾燥したひじにやったらしっとりした(笑)

 

 

SABONめちゃいい

この感動を伝える機会がなかなかないからブログに書いた。表参道に店舗があるんだけど、夏季休業してて入れなかったので、渋谷のヒカリエで買ったよ。店員さんは話しかけてくるけど、私の担当してくれた店員さんは、しつこくないし、押し売りする感じも無くて丁寧に教えてくれた。そして可愛かった。また行きたい。自宅用でもすごくかわいいラッピングしてくれるから自分へのプレゼントにも、友達にも彼女にも良き。ただ瓶だから重いし割れるのには注意だね。1万円以上使っちゃった。あはは。

 

脳内メモ2

・バイト先のおばちゃん

バイト先のおばちゃんがきつい。前までは優しいおばちゃんだったのに、今はめっちゃ怒鳴るようになった。特に私が入ったあとからどんどん、高校生、大学生が増えた。やっぱり同じ学年で固まるから、それをよく思っていないのかもしれない。それに若い女の子がどんどん増えたから、立場が悪いのかもしれない。男の子には息子って言って可愛がるのにね。女面倒い。

おばちゃんと大学生とで考えにズレが生じてる。おばちゃんから見れば私たちは何度言ってもできない、言われたことしかできないやつらかも。でも私たちから見れば、全員一年未満のバイト歴の大学生、高校生たちに社会勉強という建前を使って自分の機嫌で怒鳴り散らす厄介な人。みんな怖いって言ってる。私も怖い。私がいなかった日に、すご〜く怒鳴り散らした日があって、終わったあと女子みんな泣いちゃったって。その日は男性ゼロだったから余計、クッションがいない。

昨日の夜は、布団の中で涙出た(T_T)平和的にみんなで協力して仕事すればいいのに、お互いが助け合えばいいのに。どうして自分の機嫌だけで物事を判断するんだろうとか。余裕のある時は人間誰だって人に優しくできるの。そうじゃない?悪循環になってる。

あ〜こんなのずっと考えてたら夢に出てくる〜!!と思って頑張って寝ようとした。寝れた。

 

・やっぱり休みは素晴らしい

前期は3日しか学校もバイトもない日がなかった。と言うか自分でそういう状況に追い込んじゃったんだけどね。今回は週1回は休み入れた。バイトも祝日ある日は2日入れずに週1ペースで。おばちゃんは嫌だけど週1でも良いのだけは良き。

やっぱり休みはあったほうがいい。今考えると不思議なくらい病んでたし、ブログ記事も病んでた。尾崎豊にハマりすぎた。まあそれはいいんだけど。余裕なくなるし、体力も持たないし風邪もひくしいいことない。ドイツ行って、価値観変わったかも。ドイツは休み大好きだからさ。緑がいっぱいの広〜い公園でバーベキューしたり、座って話したり、バトミントンしたりさ。お金たくさんかけて出かけたりするのもいいけど、自然の中でゆったり散歩するのも良い。癒される。休みないとやってけないな。

前期にはできなかったこととかも、休みを作ったおかげで挑戦しやすくなった。嬉しい。バイトはムッて思うこともあるけど、これからのことを考えると好きなことできる時間が増えて嬉しい。

 

 

今日の脳内はこれだけ。

脳内メモ

とりあえず脳内にある考え事を書き起こしておく。

 

 

・(男)友達増やそう作戦

とりあえず、何かで関わった人には相手よりも自分から挨拶したり手を振ってみたりし始めた。相手もちゃんと気づいてくれて嬉しい。

私は昔から、みんな学校を卒業したら自分の存在は忘れてるだろうな~なんて思いやすいタイプで。すごいネガティブに聞こえるけど、実際はそこまで病んでないよ。なんだろう、人は忘れる生き物じゃない?完璧に覚えているわけじゃないし、私は特定の仲いい人以外の人、例えば同じ授業をとってたとか、グールプで少し話した、話したことない顔見知り状態が長い人たちは自分のこと覚えていないと思ってた。でも案外覚えてるんだね。なんか嬉しかった。夏明け茶髪で学校行ってるし、コンタクトで行ってるから外見の変化で気付かないかな~と思ってたけど、認識されててよかった。

やっぱりお互い知ってるのに無言で通り過ぎるのは気まずいよね。その気まずさをいい加減無くしたいっていうのもある。

 

・サークル

最近、というか後期から幽霊部員だったサークルに通い始めた。やっぱ運動するとスッキリするし、あの顔だけ知ってる気まずい関係の同期や後輩と一緒にチームで試合すると仲良くなれるし楽しい。

が、サークルに来る2年生が少なくて寂しさもある。なんか新入生になった気分。

後輩の一年生の女の子は2人くらいすごく話しやすいけど、あとの2人はサラッとしてるタイプ。あっちから話しかけてくることはないかな~まだ会って2回目くらいだけど(笑)

なるべく名前を覚えるようにしてるんだけどね。私が後輩の時は知り合いいなくて先輩に名前覚えてもらえるのが嬉しかったから、自分もそうしてるけど、なんか疲れたから頑張るのやめる。話しやすい2人の後輩ちゃんと話そ。同期の友達が、サラッとしてる後輩ちゃん2人を「気が強そう」って言ってたから、あ~なんか感じたのは自分だけじゃないんだなって思った。

試合自体も楽しいけど、時々頑張って笑ってる自分がいる。私は初心者だし後輩ちゃんはガッツリ経験者だからな~溝溝。でも男後輩の子で話してみたい子がいるからまだサークルには参加する。

 

・なんか

最近の自分の口癖が「なんか」

こればっかり言ってて自分で引いてる。なんかって言いまくると自信なさそうに見えるじゃん?だからなるべくやめたいけど気づいたら言ってる。やめたいな。

 

・女子力?

最近自分磨き的なのにはまってる。今気になってるのはサボンのスクラブ。ツルツルになるらしいからほしい。髪も茶髪(ミルクティー色+こげ茶)だし、夏から雰囲気変えてみた。評判はそんな悪くないっぽい。前は自分がおしゃれして行くと、自分で「この格好でなにかミスしたり失敗したら恥だな」とか思ってたのね。こんなにキメキメのくせにミスすんのかよって思われたら怖いなって思ってた。なんか外は完璧だけど中が伴っていないのがダメかなって。だけど、おしゃれするの楽しいし、自分の着たい服着て、「あれ、なんか自分いい感じじゃん」(また「なんか」って使っちゃった)って思えたらそれで十分よね~。外見がその人の印象を作るっていうし。

 

・外見を磨くこと

さっきのとこでも出たけど、自分がどう見られたいかを外見で表すのは大事だなって思う。外見だけではじめの印象が決まっちゃうもんね。私はやっぱり可愛く見られたいって思う。でもかわいいだけじゃなくて、大人っぽい雰囲気も欲しい。落ち着いてて上品な感じ。それでいて柔らかさもあるような。求めすぎ?

ん~上に書いた印象にするには、例えばトップスは薄いピンクのニットで「かわいさ」+「やわらかさ」をだす。でボトム(ス?)はスキニーで「大人っぽく」ロングスカートで「大人っぽさ」+「上品さ」を出してもいいよね。あと髪型はアップにするか下ろすかでまた変わってくると思うし。こういうの考えるの好き。個人的に韓国の女の子のファッションは「大人っぽさ」+「上品さ」があって好き。

 

ちょっと長くなったからここまでにしとく。

 

 

彼氏ができない理由が分かった気がする

お久しぶりです。留学から帰ってきてダラダラ過ごしています。

 

最近、自分が彼氏できない原因がなんとなくわかりました。ちなみに私は彼氏いない歴年齢です。びー。恋愛という草原において迷える子羊状態です。びーびー。

 

 

前置きはどうでもいい。まず一つ目の理由!

 

男友達が少ない

わたし、男友達めっちゃ少ないです。小学校の時が一番男友達いました。中学は男女の溝がすごくて、異性と楽しそうに話す人は「何あの二人付き合ってんの?」って噂になるような感じ。高校では話す男子はいたけど、遊びに行ったり、いっしょに帰ったりする友達はいなかったな。(男女混合だった部活ぐるみで遊んだことはあるよ)

制服デートに憧れ、制服ディズニーに憧れ。中学生になれば彼氏ができる、高校生になれば彼氏ができる。謎の呪文(?)を唱え続けました。

 

 

男を異性として意識しすぎ

最近ようやく気付いたこと。男の人が近くにいるだけで、異性として意識しすぎてました。(異性として意識しすぎだから)緊張してうまく話せない、女友達の前で出す素が出せない。ブログだから話しちゃいますけど、私は男の人を見たときに「この人は恋愛対象としてアリかナシか」で判断してました。ごめんね。ナシの人とは、女子と同じようにしゃべれました。でもアリの人は、緊張してほとんどしゃべれませんでした。

 

 

美人・かわいいあの子、ブスな私という概念

昔から自分の容姿に自信がある方ではありませんでした。かわいいなんて言われたことないよ。悲しい。こんなだったから、彼氏ができるのは美人・かわいい子だけなんだと思ってました。(実際彼氏持ちの子は美人・かわいい子が多いのも事実だけどね)美人でかわいい子が彼氏を持ちだと聞けば、やっぱり顔で選ばれるんだ。自分は別に顔整ってないし。とふてくされました。めんどくさいね。私個人の話だと、男子にも女子にも性格は(だけは)褒められる方だったので、中身は彼女土俵にあがっているもんだと思い込んでました。性格いいと言われても顔が伴ってないとダメなんだ、と卑屈になっていました。ぶっちゃけ美人・かわいい子、苦手でした。それはキラキラしているっていうのもそうなんですけど、楽しそうに男子と話してる姿を見て媚売ってるみたいーとか思ったこともあったし、自分は男子とうまく話せないことでコンプレックスをこじらせていたからです。(この考えはのちに変わることになります)

 

 

彼氏持ちの子の共通点を考えてみた

彼氏持ちの子に出会いから付き合うまでの過程を教えてもらったり、実際に彼氏持ちの子(美人・かわいい)と話をしてく中で、かなり考え方も変わりました。

 

まず、彼氏持ちの子は男友達が多いです。ご飯たべる友達とか、仲良し男女グループとか、恋愛に発展するかどうかは別として、気が合うとか一緒にいて楽しいっていうただそれだけの仲のいい男友達がいます。(男友達皆無で、はじめに恋愛を考えちゃうわたしからするとびっくりなんですよ冷汗)

 

で、彼氏持ちの子は初めから恋愛を意識していたわけじゃなく(もちろんはじめから意識していた人もいます)、趣味が合うことが分かる→よく話すようになって親しくなる→友達のままor恋愛感情が芽生える→その後もよく会う→付き合うっていうプロセスが多かった。つまり私みたいに男=恋愛対象かどうか!で判断する前に、友達っていうプロセスを踏んでいたわけだ。(何を当たり前のことをと思うかもしれないけど、私的大発見)

 

それに彼氏持ちの子、美人・かわいい子、ふつうに優しいし良い人が多い。中には性格悪い人もいるかもしれないけど、私が接してきた人みんな優しい。美人・かわいい子は性格悪いと思っちゃった私性格悪い。認める。偏見だった。なかには、男と話す方が楽って子がいて、そういう子は大体考え方もさっぱりしてるし、話も通じるとこあって話してて楽しかったし前より仲良くなれた。嬉しい。小中高と、かわいい子とか美人な子がいじめとかしてるの目の当たりにしてたから、大学に入って美人で可愛くて性格いい子初めて会った。(余談)

 

 

じゃあどうする?

私の目標は彼氏つくるじゃなくて男友達つくるです。男友達って限定するんじゃなくて、同性異性に関わらず、いろいろなタイプの友達を増やしたいなって思います。

そのためには、目の前にいる相手に「人」として興味をもつことだと思います。「男」としては興味なくても、「人」として興味があったら実際に話してみる。無理に仲良くなろうともせず、気が合えばもっと話したりすればいい。ってことにします。「男」として興味持てないからって理由で目の前にいる人を不快にさせることはしたくないです。話すときはいつも女子と話してるみたいに、気軽に、異性として意識してます感を出さないように…!

 

もう彼氏いる子の共通点に気づいてから、せかせか彼氏つくろうと思わなくなったよ。

なんだろう、もう自然の流れに任せようって感じだよ。彼氏ほしいから、女子力あげるからとかいう理由で物事始めようと思わなくなったよ。例えば料理とか。前は料理頑張ってインスタにでもあげようかなって思ったけど、今は思わない。承認欲求満たしたいだけだよね。※私の場合

それよりもずっと親のすねかじりながら家事も料理もできないってやばくねぇかって思って料理始めたよ。弁当も自分で作ろうと思う。あれ、タメ口になっちゃった。

 

それと身だしなみとかもうちょっと綺麗にしたい。もともと気をつかう方だけど、なんだろう、世の中の流行に流されすぎず、自分がどういう風に見られたいのかを考えて外見をつくっていこうと思う。

「(私)さんって、頭良くて、面白くて、性格もいいよね」みたいなことを高校の時、ある男子から言われたけど、案の定、容姿のことについて触れられてない時点でもう自分は察してる。分かってるよ( ^)o(^ )でも自分の顔前ほど嫌いじゃないし、ブスだって蔑んでないし、むしろ好きだよ。美形じゃなくても、親しみやすい顔だと自分で思ってる。全体的に丸いからかな?

 

今回2000字ごえでダラダラ書いたし、かなりゲスな内面も書いたけど、ブログは自分と向き合うためにやってるから良き。

 

では

 

 

 

ドイツ人のハエ・蜂との共存がやばい

ドイツから帰ってきました。1ヵ月長くも短くも感じます。

この1ヵ月で驚いたのは、ドイツ生活でたくさんハエとハチを見たことです。

 

ハエ、入ってるんだけど

ケバブ屋さんでのこと。中に入れる野菜をどれにするか見ていたら、野菜にコバエが。

(…ハエがいる…何で取んないんだよ……)

ふつうに野菜にハエがとまってました。でもみんな気にしてない。大丈夫か…?

 

 

蜂、いるんだけど

ある日はカフェで。だいたいドイツのカフェって外にも席がたくさんあって、みんなそこで飲んでます。するとあるドイツ人ファミリーの飲みかけの飲み物に蜂が。

でも誰も驚くことなく、放置。大丈夫か…?中には入らないように、コースターでフタをする人もいました。

 

 

そのほかにも網戸がないからハチや足の長い虫が部屋に入ってくるし、ハチはぶんぶん飛んでる(大きさは小さめ)し、びっくりでした。

 

部屋に巨大なハエが入ってきたときは、制汗剤(殺虫剤がなかった)片手に、そしてもう片方はスリッパで戦いました。結果的に大きく窓を開けたら逃げていきました。

 

道を歩けばゴミ箱にハエがぶんぶんたかってるし。

お店(飲食店)でも、近くにいても気にしないのにはびっくり。日本だったらハエが食事の時にいたら大問題なのに。

 

そのわりに蚊はほとんどいなかった気が。窓付近にちっさい虫の死骸はしょっちゅういた。

 

かえって来て早々虫の話でした。

早く自由になりたい

留学出発まであと4日です。

 

無事テストも終わり、バイトも昨日でとりあえず終わりになりました。

 

早くドイツに旅立ちたいです。最近、ブログの記事が暗いんですけど、今日も暗いです。

 

尾崎豊を毎日聴いている影響か、社会に対する疑問とか、今までおかしいと思いつつも封じ込めていた気持ちと向き合う日々が続いています。

 

結構しんどいです。でも、この抑圧された気持ちと向き合うのは、自分をもっと理解するのに重要なことだと思います。

 

昨日図書館で尾崎豊著『幻の少年』という本を借りました。そこで印象に残った言葉を並べていこうと思います。

 

俺は悪魔たちを嫌という程見てきたが、神を見たことは一度もない。

 

神と悪魔という対称的な存在。この世の中には悪魔のような人や社会や状況がたくさんあるけれど、神のような全てを救う存在は見たことないし、これからも現れないだろう。この言葉をみて、社会、世界ってそうなんだよなと共感しつつ、神のような救いが訪れることのないことに悲しみを感じます。

 

 

 人間は自分の事しか考えていないと責められ、社会のために何かをすればカッコをつけてと責められ、犠牲になった傷みは自分のせいだと責められる。

 とても矛盾している。

(中略)

 自分が理解出来ない事を人から無知よばわりされ、あらゆる事に理解を深めようとするが、そこに見えたのは、自分自身の無知さと愚かさだった。果たして人間はいかに生きるべきか。

 

私が最近になって傷ついてることが何なのか、うまく言葉に出来なかった。でも、この言葉をみて、そうなんだよそうなんだよって共感しました。

就活とか、バイトとか、大学とか、いろんなところで様々な人と会って。高校時代とは比べ物にならないほどいろんな経験をして。

でもその分、いろいろなことを知ってしまった。社会の矛盾、大人の世界の矛盾に傷ついた。

 

誤解され、人を傷つけ、傷つけられて傷みを知った小学校時代。

部活も、クラスも、先生もすべて敵に思えた中学時代。

自分を徹底的に誤魔化すことで安らぎを得た高校時代。

自由に近づいた分、今まで大人たちが隠していた矛盾した世界を知ってしまった今。大学時代。

 

いずれ皆、この矛盾した世界を知ることになる。子供のころから皆、それとなくこの矛盾に出くわした。でも向き合うことなく通り過ぎた。

 

今、私はこの矛盾と向き合って生きていかなくちゃならない。

 

生きることは辛い。

 

SNSでキラキラしてるあの子も、電車で隣に座った酒臭いおじさんも、おせっかいで過保護で、でも愛のある親も。みんないろんなものを抱えて生きているんだろうか。そう思ったら、なんだかみんなともに戦う同士に思えた。

 

こんなに矛盾して悲しい世界なら、もっと人は悲しみを表に出していいんじゃないか。

 

生きる意味とか、世の中の矛盾とか、いろいろな人と話したりしたいけど、こういう話題は「かたい」とか「重い」とか「面倒くさい」で終わってしまうよね。多分。

 

これから自分はどうやって生きていけばいいんだろう。答えが出ないのはなんとなく分かっているんだけどね。今は世の中に蔓延る「人は一人じゃない」とか「生きていれば良いことが必ずある」とか、そんな言葉が偽善に聞こえる。

 

すっごく自分が卑屈でたまらない。