ザフトさんのブログだよ

自分自身と向き合うためにブログやってます。

日々の優しさに気がつくと人生が楽しくなる

最近毎日楽しいです。すごいことがあったり、何か特別なことがあったりしたわけじゃないんですけど、精神状態が安定しています。なんでかな~って考えてみました。

 

 

時間にゆとりがある

自分の好きなことをするゆとりがあるので、心に余裕があります。前期は課題に追われてて、いくつこなしても無くならない感覚が半年続けてありました。でも後期は時間割を見直して、自分の時間も確保することにしました。

 

 

日々の優しさに気づく

最近、メモリージャーを始めました。

f:id:waiwaijw:20171209104845j:plain

モリージャー

 

紙に良かったこと、嬉しかったこととかを書いて瓶に貯めるものです。それで後で読み返す。これ精神的にすごくおすすめ。

 

これやってるとほんと些細なことでも自分の周りには良いこと、嬉しいことが溢れてたんだなって気づけます。

 

書いてる内容はほんとに些細なことで、「新品の服をかわいいって褒められた」「OOちゃんと話して帰った」「ごはんがおいしかった」「空がきれいだった」ってくらいなんですけど。

 

日常にあふれているささいな出来事の中で、人がしてくれた優しさとか幸せなことに気がつけるかで人生の捉え方って変わるんだなって思いました。

 

人生に絶望したときに聴く【尾崎豊】3選~這い上がり編~

落ち込み編はこちら

 

waiwaijw.hatenadiary.jp

 

 

前回の記事は無理にポジティブにならずに、とことん落ち込むための曲を紹介したんですけど、今回は絶望から這い上がるような曲を紹介したいと思います。

 

 

 

僕が僕であるために


尾崎豊 僕が僕であるために(87年 有明コロシアム)

 

一度聴いたら覚えてしまうメロディー。辛さとか不安とかと向き合って頑張って生きていく、自分を見失わずに自分らしくあるために(何かに)勝ちつづけていくのだ。はぁ。

個人的に2番の歌詞の「こんなに君を好きだけど 明日さえ教えてやれないから」がすごく好き。切ない。

 

辛い気持ちもまだあるし、悲しいし、傷つくこともあるけど、共に戦っている感じがして励まされます。私はバイトに行くときによく聞いています。(勝ち続けなくちゃならないから、、、)

 

ちなみにいろんな歌手がカバーしてます。


僕が僕であるために ー 「Mr Children」

 


僕が僕であるために - 尾崎豊|miwa COVER(カバー)(歌詞付き

本人が歌っている映像が前はあったんだけど、、、なくなったかも

 

 

 

『17歳の地図』


尾崎豊 十七歳の地図 郡山市民文化センター

 

ノリノリの明るい曲調。歌詞の中で、街で尾崎が見た人々が描写されてます。バカ騒ぎする俺たち、街角で自分を売る少女、口うるさい大人たち、電車の中の人々、親。辛いときって、どうしても自分だけって気持ちになりがちですけど、自分の周りにいる人たちもいろいろ抱えてるんだなって思えるようになります。

 

この曲は、GUのCMにも使われてました。


波瑠、香椎由宇&山本美月と“三姉妹”で美脚ウオーキング 高良健吾はバンドマンに 「ジーユー」新CM「マルシェ」編

 

 

 

 

『ハイスクールRock 'n Roll』


尾崎豊  high school rock'n'roll

 

この曲は特に学生のうちに聞くと良いかもしれない。まぁ題名からしてっていうのもあるんですけど、歌詞も「授業」「ラッシュアワー」「制服」とか学校の象徴が結構出てきます。リズムも軽快で聴いていて楽しい。「辛くても笑顔でいよう」的な歌詞は1つも無くて、「それよりも踊ろうよ!」って感じ。

 

この動画はすごく一体感があるし、尾崎自身の顔もすごく楽しさが伝わるのでお気に入り。この会場に紛れ込みたい。歌い始める前に語る場面があって、ちょっと嚙んじゃったりするとこに目がいっちゃうけれど、言ってることがカッコいいなって思う。

歌うときマイク台倒しちゃって、スタッフ?が直すけど、今度は自分でマイク台蹴とばすとこ笑っちゃた。

 

 

おまけ


うまい。。尾崎豊の息子 尾崎裕哉 僕が僕であるために 音楽の日

 

息子の尾崎裕哉さんが歌う『僕が僕であるために

声は似てますよね。でも息子さんの方が優しい感じ?声に丸みと重みを感じます。

 

(完)

人生に絶望したときに聴く【尾崎豊】3選~落ち込み編~

こんにちは。

 

大学生になって尾崎豊にドはまりしています。そこで人生に絶望したときにおすすめの【尾崎豊】の曲を3つ紹介したいと思います。

 

どんなシチュエーションだよって話ですが。たまにありますよね?ね?どうしよもなく落ち込んで、何をするにも元気が出ないとき。元気な曲をきいても心が晴れないとき。そういう時にとことん落ち込める曲を私はよく聴きます。

 

 

シェリー』

尾崎豊 - シェリー

 

この曲はぜひ映像と共に聴いていただきたい。サビ手前~サビの表情とか歌い方に魂が溢れ出てきててやばいです。歌い始める前のうるんだ瞳とか、震える声とか、少し歌い終えるとマイクから離れて何か思っているような表情とか。

 

夢とか目標に向かっていて、どうしてもうまくいかなくてすごく落ち込んだときとかにおすすめです。辛いときとか、苦しいときとか、悲しい気持ちでいっぱいで目に涙が溜まってるときとか。私はそういう時に聴いてました。イツニナレバハイアガレルダロウって思いながら、、、

 

 

『愛の消えた街』


尾崎豊 ~ Ozaki Yutaka - 愛の消えた街 ~ Loveless Town (English Subbed)

 

歌い始める前の何かに打ちのめされているような身体の動き、周りの人に問いかける表情、怒り、不安、苦しみ、世の中の矛盾、映像だけで伝わってくる。

 

シェリー』と比べるとこの曲は怒りとか世の中の矛盾とかストレートに伝わってくるんですよ。どうしようもない怒りに駆られたときとか、矛盾に傷ついたときとかおすすめです。私はバイトに行く前によく聴いてました。

 


尾崎豊 - 愛の消えた街 新宿ルイード

ちなみにデビューライブverもあります。歌い始める前の睨みつけるような表情が印象的。目の前の人に訴えかける気持ちが伝わってきます。個人的にこの新宿ルイードの時のDVDがほしい。

 

 

 

 

『LOVE WAY』


尾崎豊 - LOVE WAY ('91代々木)

 

もうなんかこの曲は次元が違うっていうか、違う世界に踏み込んだ感があります。歌詞の中にも宗教っぽい要素があって。犯した罪とか、生まれてくるもの全ての存在は罪を背負わされるとか。アダムとイブがエデンの園で禁断の果実を食べて――っていう原罪の話じゃね?って聴いた瞬間思いました。(詳しくは割愛)

 

この年(91年)は斉藤由貴との不倫が発覚した年でした。そしてこのライブが生涯最後のライブで翌年に亡くなります、、、表情からも歌詞からもどこか別の世界へ足を踏み出してる感をすごく感じます。毎日真剣に聴きすぎると自分もそっちの世界に行きそうな感じが、、リズムとかはすごくノれるので軽く聴くぐらいがいいのかな~とも思います。

 

 

おまけ


尾崎豊 デビューライブ MC

いろんな生き方があっていいと思うんだ。周りの人間はほんとにいろんなことを言うかもしれない。

(略)

なんか親って、大人って、そうやって臭いものにすぐ蓋をかぶせて、物事を分かったような気になろうとしてるけど、ほんとはそうじゃないと思うんだ。もっと大切なことってあると思うんだ。

それを俺たち若い連中がこれからつくりあげていかなくちゃ、俺たち同じような大人になってしまうんじゃないかと思うんだ

(略)

些細なことを、なんか、いい加減にして過ごしていかないで、もっと真っすぐな目を向けてほしいと思います。

  

 

(完)

優しさを受け取ること

明るい記事になると思いますv

 

この前、授業でグループ活動したんですけど、私1人男子3人のグループになりました。挨拶をかわすだけの友達1人、顔見知り程度の人2人です。

 

正直気まずかったです。男子3人も気を使ってくれてるのを感じるのですが、作業も早く終わってしまいました。

 

目の前では2人があっち向いてホイをやり始めてすごく盛り上がってて。自分はなんか馴染めない感と疎外感を感じつつ、この時間何すればいいんだろうとずっと考えてました。

 

グループにとどまるのがつらくなったので、他の女友達のとこに行って話したりしてました。「早く終わちゃってさ〜なんか馴染めないんだよね〜(笑)」と。

 

一旦全グループが終わって、先生が確認したあと、また同じグループで作業しましょうってことになりました。

 

またか〜と思いつつ、どうしようかなぁと思ってました。また馴染めないかなと。

 

先生がグループはどうですか?と聞くと「超楽しい!このグループがいい!」って声も聞こえて、そのグループは女子だけのグループで。

 

早く時間が終わらないかなと思ってたら、先生に「(私)さんのところはどうですか?」って言われて。

 

「え…あ、大丈夫です…」っていう、いかにも無理ですみたいに答えてしまったんですけど、

 

そうしたら、馴染めないんだよねと言って少しの時間一緒にいてくれた女友達が、「私が変わりますよ」って言ってくれて…!

 

同じグループだった男子の1人が、「僕が(友達)と組んで〜〜したらどうですか?」とか、

 

他の男子2人も、「俺らが個性強すぎだからな〜」と自分の個性の強いことが原因で私が馴染めなかったと言ってくれて。

 

先生も考えてくれて女子2:男子2のグループになりました💮

 

終わったあと、自分はすごく申し訳ない気持ちでいっぱいで、自分の馴染めなさが原因でみんなに気を使わせたと思って仕方なかったんですが、

 

逆の発想をすることにしました。

 

同じグループの男子も、私を一切無視したわけじゃなく、声をかけてくれた。

 

馴染めなくて避難した先の女子グループのみんなは、自分を受け入れてくれてたくさん話してくれた。

 

変わりますよって言ってくれた女友達も男子も、私のことを思って優しさから言ってくれた。

 

なのに、自分は申し訳無さを感じている。

 

それってなんか、優しさを持って接してくれた人に対して思うことなのかなぁ。

 

どうしてその人がそういう行動をとったのかを考えてみると、

 

きっと私に対して思いやりをもって行動してくれたんだと思うし、優しさからきてるんだと思った。

 

そう考えたら、すごく嬉しくなって、申し訳無さを感じるよりも、その気持ちを素直に受け取ろうって思いました。

 

その日から、前よりも見える世界が違うように感じます。

 

なんか、人の優しさとか思いやりに目が向くようになって、純粋に「嬉しいな」って気持ちと、「ありがたいな」って気持ちを感じてます🌼

 

これからも相手の優しさを素直に受け取りたいし、自分もおんなじように人に接したいなぁって思った話でした。

電車内での突然の演奏に賛否が集まってるけど、ドイツの車内を見てみよう

電車内で突然演奏が始まったらどうします?そんな経験はないんですけどね。

 

深夜の電車内で、海外のプロの演奏家が急に演奏をはじめて、賛否両論だそうです~

 


賛否両論!?深夜の京浜東北線内で演奏を始める外人たち

 

温度差。海外だとよくあること?らしいんですけど、日本だとあんまり見ないですよね。鉄道会社は許可を取っていなかったら迷惑行為だって言っているみたい。

 

これを見て急に思い出したことがあります。

 


Ist mir egal song

 

Ist mir egal =(わたしにとって)どうでもいいって意味です。

 

大学の卒業生で、ドイツで働いている方のお話を聞いた時に教えてくれた動画なんですけど、ほんとこんな感じらしいです。さすがに馬に乗ってる人はいないらしいけど。

 

誰が何をしてても気にしない雰囲気があるそうです。

 

ずっと東京に暮らしている自分からみて、東京にもそういう雰囲気ってあるような気がします。ただ気にしてないけど、厳しい感じ?うまく言葉で言えないんですけど、、、

 

海外っぽいパフォーマンス、サプライズ的なノリが日本に合うかって微妙なとこですけど、私はこういう演奏が始まるの好きです。

 

わたしがドイツにいたときでは車内で演奏はなかったんですけど、駅のホームへ続く階段で歌を歌ってる5人組の若者がいて、しかもうまかったんですね、めっちゃ人が集まってました。駅員はちょっと困ってました。(てか道が通れなかった)

 

車内演奏の動画探してみたらありました。


U-bahn Music Session in Berlin

 

この曲って、「家ついていっていいですか」の曲ですよね?帰りの電車でこれ演奏してほしいw

 

疲れてるから静かにしてくれとか迷惑だって人もいるとは思うんですけど、ちなみに、私的に一番うわってなったのはドイツのトラム(路面電車)で前の席に座ったカップルが目の前で音を立ててチュッチュしてたことです()

 

(完)

 

 

日本で売ってるハリボーってさ

f:id:waiwaijw:20171103210336j:plain

日本で買ったハリボー

 

ドイツから帰ってきて、お土産のハリボーが底をつきました。無性にハリボーを食べたくなったので買いました。( ^^) v

 

でも、なんか違和感。

 

そう、大きさが小さい

 

しかも、高い。246円+税。

 

種類が少ない

スーパーに4種類しか売ってなかった。しかもゴールデンベアバージョンがない。

 

愛しのゴールデンベア

f:id:waiwaijw:20171103211606p:plain

ハリボーといえばこれ



ハリボー自体売ってる店あんまりないのに売ってるのはコーラばっかり。

まあコーラもおいしいんだけど。一番ハズレないのはこのクマちゃんのやつ。無難。

 

 

 

f:id:waiwaijw:20171103211610p:plain

ジュース味

SAFT=ジュースって意味です。ザフトと読みます。ブログのザフトさんはここからとりました。最近名前変えたいです。普通にジュース味おいしいです。


 

f:id:waiwaijw:20171103211614p:plain

すっぱい

SAUER=すっぱい。ザウアーと読みます。甘酸っぱくておいしいです。ピュレグミをイメージしてもらうと良いと思います。私は酸っぱい系お菓子に慣れすぎてしまったので、物足りないですが。

 

 

 

f:id:waiwaijw:20171103211559j:plain

危険

今までみたいにパックで売ってるのもあります。これはマジで日本人の口には合いません。みんな顔を歪める味です。よくここまで黒いグミつくったなって感じです。私は食べてないので味は分かりませんが、後味もまずいらしいです。友達にプレゼントしたら確実に嫌われてもれなくゴミ箱行きでしょう。たぶん。

 

 

気づいた方もいらっしゃるでしょうが・・・

この紹介したパックのハリボー、売ってるのは大体200g入りなんですね。で、今日買ったハリボーを見たら、100gしか入ってないんですよ。どおりで少ない。

 

しかも、値段書いてあるじゃないですか、95¢って。ユーロじゃないですよ。セントですよ。日本円で約130円(2017年11月3日現在)しないわけですよ。

 

私がドイツに行ったときは89¢で買ったのでもっと安かったですね。

 


Haribo TV commercial

 

なんか怖い。

 

ちなみにドイツのハリボーは結構かたいです。アゴが鍛えられますvv

短期留学に行って、長期留学する気が無くなった話

f:id:waiwaijw:20171102213704p:plain

街並み


今年の8月に、まるまる一ヶ月間ドイツに短期留学しました。

 

 費用は1ヵ月で全部込みで50万円くらい。お金貯めてなかったんで、親に前借していきました。残りの返済はあと20万です(._.)

 

短期留学か長期留学かすごく迷ってて、まずは短期で行こうと思いました。長期で行って、文化とか生活になじめなくて途中で断念することになるのは嫌だったので。そうなるのはもったいないと思ったので。

 

学校のプログラムで行ったので、同じ大学から20名程度まとまって出発しました。総合的には不満もあったがまぁ満足といったところです。

 

 

短期留学で良かった点

・少し現地での生活に慣れた

・観光よりももっとドイツのことを知れた

・他大学の人と交流できた

・日本人の友達と仲良くなった

・夏休み中にドイツ語力が衰えずに後期の授業に臨めた

・大学のプログラムのため、不安が少なかった

 

現地で1ヵ月過ごすことになるので、日本の生活と違ってゆったりできました。授業受ける→買い出しor洗濯orチュータードイツ人による観光や遊び→宿題して寝る っていうサイクルでした。比較的予定がつめつめなので疲れからかすぐ眠れました。

 

他大学の人とも一緒になったので、社会的なことを議論したりとか、普段同級生でも授業でもほとんどやらないことができてこれは有意義な時間でした。

 

ユースホステルに戻れば日本人が周りにたくさんいるわけで、土日の観光も皆で行くので一緒に行った友達と仲良くなりました。ドイツに来てるのに感は感じてたけれど、個人的に仲良くなれたのは良かったです。

 

 

良くなかったところ

・基本、買い物でしかドイツ語を使わなかった

・日本人だらけの授業だった

・1人行動を控えるよう言われたので、常に友達行動・団体行動だった

・費用が高い

 

意外と日常的に使う機会ってそんなになかった気がします。常に身近に日本人がいるので、何かあれば日本語で聞けちゃう環境でした。ん~、上達にはあまりよくはないですよね。

 

しかも授業はほぼ日本人(同じ大学)だけなので、授業の雰囲気が日本。日本人を担当したことないドイツ人の先生は、日本人特有の静かさや消極性に「ときどきみんなが何を考えているか分からない」と思っていたらしい。

 

ぶっちゃけ費用高いです。個人で行った人はもっと安かったらしい。

 

 

焦るわたし

2週目過ぎたあたりから、「前に聞いたことあったがさすがに日本語ばっかしゃべりすぎじゃねぇか…?ドイツに来たのにドイツ語全然勉強してないんじゃねぇか…?」と焦ったので、

 

ドイツ語日記を添削してもらう+図書館に行って勉強

 

をしました。Wi-Fiがタダで使えると聞いていたのに有料だったので、1回買ってあとは買いませんでした。ネットが使えたらhellotalkとかにドイツ語でバンバン投稿してたかもなんですけど多分。それにWi-Fi買っても、ネットサーフィンばっかりやってしまう危険性もあったので…

 

毎日ではないですけど、その日にしたことをドイツ語で書いて先生に添削してもらいました。放課後にイベントがない日は大学の図書館でドイツ人にまじって勉強しました。ドイツ人たちの机で一緒に勉強するのは少し緊張しました。

 

 

全体的な感想として

ガッツリ勉強は出来なかったと思います。私は特に一人だと行動するけど友達が一緒だと友達に甘えてしまうことがよく分かりました。もっとチューターのドイツ人に話しかけたりすればよかったと思いました。チューターの人と観光に行ったときに、みんな団体で行くんですけど、友達を一人にしちゃ可哀想とか勝手に考えてずっと一緒にいたり。最終日が近づくにつれて少し話したけど。この後悔が一番大きいかも。

 

ただ、ドイツのことを1ヵ月でたくさん知れたこと、ドイツ人がよく使う言葉を知れたり、美術館にたくさん行けたことも良かった。ドイツのいいところ悪いところ、日本のいいところ悪いところも認識できた。

 

この記事のタイトルにもあるんですけど、短期留学から帰ってきて、自分はドイツに留学したいのかよく分からなくなりました。留学したい目的もないし、ドイツでなきゃいけない理由もない。留学に行く前は、現地でドイツ人にまじって勉強したいとか、ドイツがどういう国か知りたい、ドイツで暮らしたい!って思っていました。今回の短期留学で満足しちゃった感はあります。私の今までのドイツに留学したいという気持ちは、大部分が「ドイツに一度行って暮らしたい!観光もしたい!」という気持ちだけだったのかもしれません。

 

この気持ちをうまくまとめるのがすごく難しいんですけど、別に留学先が必ずドイツである必要もなくて、日本じゃなくてドイツで学びたい!って思うものも無く、観光もたっぷり時間あったからできたし…満足しちゃった感があります。ちょっと気持ちが冷めた感じです。帰国してからずっとこんな感じなんで、ドイツ語の意欲がちょっと減ってるんですよね。もともと当時好きだった某ジャニーズの出身がドイツだったことがきっかけでドイツ語学科を選んだ人間なので。これがフランス出身だったらたぶんフランス語学科にしてたと思います。

 

これからゼミが始まるんで、もしかしたらドイツでゼミの内容に関する授業を学びたいって思うかもしれないけど、いまのところ分かりません。