読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ザフトさんのブログだよ

自分自身と向き合うためにブログやってます。

学年一位をとり続けた私の落とし穴

私は高校時代に学校の定期試験でほぼ学年1位とクラス1位をキープしてきました。

そんな私が、学年一位という立場になったときに思ったことや、思わぬ落とし穴があったことを書いていきたいと思います。

 

常に1位が当たり前になってしまう

私は今まで学年1位なんてとったことがありませんでした。

高校で1位になったときは嬉しくて、負けず嫌いな性格もあり、また一位をとりたいと思って日々勉強に励みました。そうしたらなんとまた1位になることが出来てしまったんですね。学年全体だけではなく、各科目でも必ず3位以内には入っていたので、嬉しかったのと少し自分でも驚いてしまう気持ちがありました。

 

また、友達との会話で「テスト何点だった?」や「順位何位だった?」なんて会話もあり、自分は自慢みたいに思われるのが嫌なのであまり言いたくありませんでした。しかし、聞かれる分には答えるということをしていました。

でもまぁ誰が1位だのという話はみんな気になるようですぐに広まるんですよね。そうしたらテストがあるたびに、クラスメイトやあまり関わったことのない人にまで「総合点何点だった?」とか「今度もまた1位でしょ」とか「いや~ほんとすごいわ」とか「また1位とってね」なんて言われるので、なんだか自分にすごく期待しているのかな?と思ってしまったのです。

そう、オリンピックの日本代表になった選手のように(笑)しかしこれが落とし穴だったのです。

 

『テストがあるごとにみんなが自分の成績を聞いてくる。しかも自分が1位をとるだろうと思っているし、1位じゃなかったら何て言われるのかなぁ。また1位とらなきゃいけない。』

 

周りのみんなはただ単に学年一位は誰だろうって気になっただけだと思うんです。

でもそれを変に勘違いして自分は周りから期待されてるからそれに応えなきゃいけない。なんてプレッシャーを感じていたんですね。

そうするとほかの実技科目のテストも気が抜けないし、全部をまんべんなく良い点をとらなくてはならないと、受験勉強も抑えつつテスト勉強をしたり、テストを返されるときなんて心臓がバクバクして手汗が大量に出て、『みんな自分の点数を気にしてるんだ。1位じゃなかったらどうしよう。』と超自意識過剰でした。

このプレッシャーと自意識過剰さが自分で自分を苦しめていたのです。

 

受験での立ち位置が分からなくなる

受験勉強が本格化する中で私はテストは成績いいけど模試はではなかなか点数が取れない。という状況に陥っていました。

それなのになぜか『まだ大丈夫』という変な余裕がありました。それも自分が学年1位という存在だという考えから出たものでした。私は人に成績を聞かれれば答えるが、自分からは聞かないタイプの人間なので、周りの人たちがどのくらいの成績なのか知りませんでした。

自分より模試の成績が上で、すぐに部活を引退した人や、帰宅部だったりのクラスメートがいても、『自分はまだ部活やってるし、テスト勉強に今は時間をとられているから引退したら受験勉強に専念できるしいつか追いつくだろう』なんて考えてました。

それに、同じ偏差値の志望校を目指しているクラスメートが分からない問題に直面していて自分が分かっている状態だと変に優越感がありました。逆に自分が分からない問題をクラスメートが分かっていると焦りも出てきました。

同じくらいの偏差値の大学を目指しているクラスメートがいれば、『自分は学年1位をとるくらいだから成績の面ではリードしているだろう』なんて思ってました。さっきも書いたように私はほかの人の成績は知らなかったのです。

あとから考えれば受験にテストの成績なんて関係ないのに。

 

何気ない言葉が刺さる

ある日、学年2位の仲のいい女の子に「テストどうだった?」と聞かれて、「ん~、一応埋めたけどできたかどうかわからない」と答えたら「そう言って本当はできてるんでしょ。」と言われました。あの時の少しムスッとした顔は何だか悲しかったな。その子には「次は抜かすからね!」なんて言われました(汗)普段は女の子らしくて優しい子なんですが、私と同じで負けず嫌いな子です。この子とは勉強の情報交換したり志望校も一緒だったので良いライバルでした。

それと、小テスト前に後ろの席の子が「やばいよ~、この範囲無理じゃない?」と言ったので「ここだけは覚えて———、先生この辺出しそうだから——」と言ったら「いや~(私)みたいには出来ないわ」って言われました。「だよね~無理だわ」って言えばよかったのかな。でもそれで良い点とったら勉強してないふりしてるって思われるんですかね。

あとは何か勉強のことについて聞かれて話すと「次元が違う」と言われたり、「学校の中で一番いい大学行ってね!」なんて言われたりもしました。

 

そんなこんなで毎日プレッシャーと優越感や不安を抱え込んでいました。

 

救いの手が差し伸べられる

一人は担任の先生です。

ある日、一人で抱え込むのが限界に達しそうだったので担任の先生に相談をしました。

しかも二者面談のついでで打ち明けようと思いました。

二者面談では必然的に学校のことや成績のことを聞かれるのでちょうどいいと思いました。面談前でさえ涙があふれ出てきそうだったので泣き顔を見られるのは嫌だと思ったのでマスクをしていきました。

いよいよ相談を始めるのですがもうその時点で涙ちょろり。先生も突然のことにだいぶ焦ってました。でも落ち着いて話を聞いてくれて、「みんな気になって聞いているだけだし、それをプレッシャーに感じる必要はないよ。もし誰かが(私)さんのことを悪く言う人がいたらすぐに報告してください。(以下省略)」こんな感じの内容だったと思います。少し気が楽になりました。

それともう一人はオリラジのあっちゃん。

私は受験サプリをやっていて、その中でオリラジのあっちゃんが受験勉強や恋、将来、人間関係の悩みについてアドバイスする『参考書じゃなくオレに聞け!』というコーナーがあります。

以前受験サプリから「あっちゃんに悩みを相談してみよう!」なんてメールが来ていたので興味本位で「学年一位のことについて悩んでいる」といった内容を相談しました。そうしたら、なんとあっちゃんが相談に答えているではないですか!相談者の学年は一致したものの、ニックネームは適当につけたため本当に自分の相談したのが取り上げられたかわからなかったのですが、内容が自分が相談したことと、とても似ていました。

 

たとえ順位が1位じゃなくなったとしても、名前が傷つくわけでも自分が損なわれるわけでもないですよ

この言葉にとても救われました。あっちゃんありがとう。

 

まとめ

だらだらと長くなってしまいましたが、私が陥った落とし穴は

①学年1位ということを意識しすぎて常に1位でなければいけないと思い込みプレッシャーを必要以上に感じていたこと。

②学年1位ということを絶対視して周囲の人たちをやたらライバル視して優越感に浸ったり、余裕かましたりしていたこと。部活の引退が遅いのがわかってるなら遅い分ほかの人よりも本気で取り組まなければいけないし、余裕を感じている暇なんて無いと自覚していなかった。

③もっと気楽に構えておけばよかった(笑)

 

番外編

実際学年1位で辛いなって思うこともあったけど、いいこともたくさんありました。

授業料は免除だったので親に払ってもらっている学費の負担を小さくできたのと、卒業式に表彰されて賞品(なんか高そうな置時計)ももらえたりしました。

あとはなぜか一部の人(勉強を教えていた友達)から「神様」と呼ばれたこともありました。「おい神様になにタメ口使ってんだよ!」なんていう人もいましたが、私は敬語使われるよりはタメ語のほうが良かったです(笑)

あと同級生の男子が「(私)さんって、勉強もできて、スポーツもできて、絵もうまくて——」って言ってくれたのは嬉しかったのですが、人生で顔に関しては褒められたことがないけれど(笑)

 

おわり

広告を非表示にする