読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ザフトさんのブログだよ

自分自身と向き合うためにブログやってます。

まだサークルやめるかどうか悩んでるの?やめちゃって全然オッケーだよ!!

大学生活を楽しく、充実してくれるサークル。

新歓の楽しい雰囲気に流されて、なんとなく入ってしまった人も多いはず。

やめようにも、先輩や友達の交流が無くなっちゃうのは嫌だし、やめづらい!!

でも、そのサークルほんとに自分に合ってるの??

 

やめることは悪いことじゃない!

なにかをやめるとき、「自分がやめたら、みんなに迷惑が…」とか「先輩たちも優しいのに、やめたら申し訳ない…」なんて思ってるかもしれないけど…

 

正直、考えるだけ時間の無駄!!

迷惑かどうかを決めるのは相手側だから。

 

例えば人数が少なくて、自分がやめたらサークルが成り立たなくなるとしたら、やめたあとにサークル側の人が欠員を探せばいいだけ。

「やめる」ってなると、なんだか逃げてるように思う人もいると思うけど、それは違うと思う。

 

むしろ、ずっとサークルをやめようか悩んで、勉強に手がつかなかったり学校に行きたくなくなったりする方のがやばい。

やめるかどうかウジウジ悩んで、何も手につかない、やる気が出ない、考えるだけで憂鬱になる…大切な時間を悩むことだけに使うのはもったいない。

 

 

堀江貴文さんの本にも書いてあったけど、自分の時間を生きるか他人の時間を生かされるか意識すべき。

例えば、やめたいと思いつつ周りの説得でやめることが出来ない状態は、他人の時間を生かされている。

逆に自分がやめたいと思ってやめる決断をし、今までサークルに費やした時間を自分の好きなことにあてるのは自分の時間を生きていることになる。

 

やめることで憂鬱から解放されたり、自分の好きなことにあてられるならそれでいいじゃん。

 

やめるのが怖い?

やめることで先輩や同期の人と気まずくなるのが怖い人もいるでしょう。

確かに気まずくなる人もいるし、挨拶すらせずに素通りする関係になる人もいる。

もしかしたら、やめたことで無視したり、いじめたりする人がいるかもしれない。

 

不安は尽きないと思う。でも、そんな風になってしまった人間関係はほおっておけばいい。

 

大学は中学や高校と違って人数も多いし、大学生にもなってそんなことをする人は子供なだけだから。

やめても今まで通り接してくれる人は必ずいる。そういう人たちに目を向けた方が楽だよ。

 

もし大学のサークルぐらいしか友達がいないから、やめたくてもやめられないなら別の場所に居場所をつくろう。

アルバイトでもいいし、学生団体、地域のクラブ、よく行く喫茶店でもなんでもいい。

大学では自由な時間も比較的あるし、アルバイトをすればお金にも余裕ができるから行動範囲が広がる。

 

サークルだけの狭いコミュニティより、小さくてもほかのコミュニティにも居場所があることで安心感は格段に変わるはず。

 

やめたら後悔する?

その人しだいだけど、やめて後悔しないパターンは3つあると思ってます。

  1. サークル自体がストレスで精神的or肉体的につらいパターン
  2. もともと他にやりたいこと(やっていたこと)があったけど、なんとなくサークルに入ってしまってやりがいを感じていないパターン
  3. 金銭面や時間拘束がきつくて、アルバイトや一人暮らしと両立できないパターン

 

1はストレスがなくなるだろうし、2は他のやりたいことに打ち込める時間が出来る。3はお金と時間に余裕ができる。意外とサー費かかるとこあるよね。

 

 

逆に後悔するパターンはなんだろうか。それは

  1. 衝動的にやめてしまってその後のことを考えていないパターン
  2. 活動内容が好きなパターン

 

1みたいに、やめた後やりたいことも何もなく、何となくやめちゃうと後悔することが多い。やめただけだと何も変わらないからね。

大学生活つまらないし、サークルもやめちゃえーってやめると、もともとつまらないと思っている大学生活しか残らなくて、サークルやめなきゃよかったと後悔するパターン。

 

 

2は、サークルの活動内容(バレー、水泳、空手、写真etc...)は好きだけどやめようか迷ってるパターン。

 

 特にチームワーク系の団体スポーツ(バレー、バスケなど)で、それ自体は好きだけど人間関係が辛い場合は、やめて他のクラブとかでやった方がいいと思う。

(自分の経験談だけど、バレーボール部の時に、バレー自体は好きだけど結局部員同士の仲が悪すぎてやめてしまった。)

 

今はバレーサークルに入っていて、好きなバレーを好きな仲間と出来るのが楽しい。

本当に。チームスポーツなどは結構人間関係が大切。

 

 

逆に個人ものはやめると後悔することがあるかもしれない。

 

これも自分の体験談だけど、武道をやっていて、一時期人間関係がややこしくなって、部活に行くのが嫌だとは思ったけど、やめようとは思わなかった。

その武道が好きだったから。

私のやってる武道は同期と組むこともあったけど、一人で型を極めて大会に出ることもできたから、同期が嫌でも続けることが出来た。

 

私の経験談

私がこの記事を書こうと思ったきっかけが、私自身サークルをやめようと思ったときに、ネットでたくさん検索していた。

やめることに対してすごく不安だったし、後ろめたい気持ちでいっぱいだった。

 

やめたら人間関係どうなるかな、ほかにもやりたいことあるし、お金も稼ぎたいし。

やめる前にいろいろ悩んだけど、やめて全く後悔していない。

 

私はアカペラサークルに入ってた。

しかし自分は楽譜があまり読めず、ほかのメンバーたちより音取りが遅れていた。

そして一緒に組んだグループのメンバーに少し苦手な人がいた。

 

その苦手な人に音が取れていないと何度も言われて、先輩からもいろいろアドバイスをもらったけど、うまくできずにどんどん自信が無くなった。

劣等感の塊になって、練習に行くのが怖かった。

 

帰り道にふと、「わたし、何やってるんだろう」と思った。

 

もともと歌うことが好きだったけど、歌いたくなくなった。好きなことと出来ることは違うなと思った。

結局2か月でやめたけど、仲良くしてくれた仲間とは挨拶するし、先輩も、またやりたくなったら戻っておいでって言ってくれた。

 

サークルの雰囲気はすごく好きだし、こんな暖かい人たちが多くてすごくいいサークルだと思う。

やめなきゃ良かったかなと一瞬思った。

でも今、自分の好きなこと、ありたいことに時間を使えるのがすごく楽しい。

 

最後に

よく、「やめるのは簡単だ」なんて言うけど、実際だらだら続けてるほうのが簡単で、やめる決断をするのはすっごく勇気がいる!

 

サークルをやめることはなーーんにも悪いことじゃない!

 

あとは勇気をもってやめる決断ができるかどうか。後悔しない大学生活を!