読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ザフトさんのブログだよ

自分自身と向き合うためにブログやってます。

大学生になったらキラキラのキャンパスライフかと思ったら、人生悩みすぎWAROTA

大学生 雑記 悩み

先日テストが終わって、やっと夏休みに入った。ふぅ~。

大学生になって4か月たったんだけど、ずっと悩んでばっかりいる。

 

バイトって意味あるのかなぁ

 

5,6月の短期バイトを終えて、また短期バイトに応募して結果待ちなんだけど、もう合否とかどうでもよくなってきた。

 

大学に入学する前は、バイトってなんだかキラキラしてて、自分の好きなこととかやってみたいことが出来てお金もらえるなんて最高じゃんって思ってた。

 

でも実際に働いてみるとちがった。確かに楽しいって思うときもあった。短期だったけど、9日間で7万円超えのお金がもらえてうれしかった。

 

バイトが終わって思ったのは、自分の時間をお金にかえている感覚

バイト中に、たぶん誰しも思うことなんだけど、「あ~みんな楽しそうだな。何で働いているんだろう」とか「この働いている時間があったら、もっと本読んだり勉強できるのにな~」とか。実際家でゴロゴロして過ごしそうだけど

 

新しいバイトを探して求人を見るたびに、自分もこんな風になりたい!(キラキラ)っておもって応募するんだけど、働き終わってでてくるのは、何も成長していない自分と失われた時間に対するなんとも言えない後悔の念。

 

バイトを通じて、

敬語ちゃんと使えなきゃだめだな…勉強しよう

こういう場面でちゃんと返事できるの大事だな、アイコンタクトって重要だな

って改めてわかっただけでも収穫なのかな。

 

なんで自分は働くんだろう。お金のため?生きるため?好きなことをするため?

 

入学してからずっっっと考えてぐるぐる回ってる。

 

夏休みの短期バイト、週3日の希望だったけど、面接官にバイトの掛け持ちしているかとかいろいろ聞かれて、結局週4までなら大丈夫ですって言ってしまった。

 

交通費でないのに週4日4時間以上自分の時間と交換にバイトかぁ…なんて考えたらすんごくバイトに行きたくなくなった。今は夏休みだけど、バイト漬けの大学生活なんていったら、なんのために大学行ってるのか分かんないよ。

 

大学生になって、自分のこの時間をどう使うのか、バイトしてお金と引き換えるのか、たくさん本読んで知識をつけるのか、語学を極めるのか。

 

今こうしている間にも、このままでいいのか、勉強すべきじゃないのか、スマホばっかいじってていいのか、毎回毎回自問自答している。

 

今までは悩んでいる自分に嫌がさしていて、なんで悩んでばっかりなんだろうと思ってたけど、そんなときはいつもこれを読む。

卒業式を中止した立教新座高校3年生諸君へ。(校長メッセージ) | 立教新座中学校・高等学校

 

このメッセージ、高校3年生の時に古文の先生が紹介してくれたものだ。これを読んだとき、はじめはあまりピンとこなかった。

 

だけど今になって読むとすごく心に響く。

 

大学という青春の時間は、時間を自分が管理できる煌めきの時なのだ。

 

時に、孤独を直視せよ。海原の前に一人立て。自分の夢が何であるか。海に向かって問え。青春とは、孤独を直視することなのだ。直視の自由を得ることなのだ。大学に行くということの豊潤さを、自由の時に変えるのだ。自己が管理する時間を、ダイナミックに手中におさめよ。流れに任せて、時間の空費にうつつを 抜かすな。

 

この言葉を読んだときに、涙が出た。何で大学に通っているのかさえ分からなくなってきて、ずっと悩み続けていた。でも悩んでいいんだ。こうやって一人孤独に悩んでいいんだ。すごく安心した。

 

おわりの言葉が見つからないのだけれど、大学生活の中で、自分の時間をどのように管理するのか考えて行動したい。

 

おわり