読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ザフトさんのブログだよ

自分自身と向き合うためにブログやってます。

300円以内でできる国際交流。クズ生活から抜け出そう①

もう。クズ生活から抜け出したい。せめて家から出るきっかけがほすぃ。

 

ということで久々にペンパルとポスクロを始めてみることにしたぜ!!いぇい!!

 

 

ペンパルとは何ぞや

簡単に言うと文通相手。英語でペンパル(Penpal)ペンフレンド(Pen friend)って言います。

よくみるのがJapan₋guideでメル友募集!みたいなやつ。あれいまいち使い方が分からないんだよな~。

 

私が使ったのはこれ↓

ようこそ!青少年ペンフレンドクラブ(PFC)へ

海外や国内の人と手紙で交流ができる!いぇい!

このPFCってなにかというと、

 終戦間もない 、世の中が混沌としていた昭和24年(1949年)6月5日、名古屋市内の中・高校生約600人が名古屋市内の東山動物園に集まり、「国内はもちろん外国 にも友だちを求めて、友愛の世界を築こう!」と呼び掛けて、青少年ペンフレンドクラブの前身「郵便友の会」として発会式を行いました。

PFCの誕生 | 青少年ペンフレンドクラブ

 だそうです。友愛の世界築きたいナ。。。

 

PFCは入会費もないしお金かかりません。タダです。

もう一度言います、タダです!!

(でもお手紙送るときの便せん代と切手代は別ね)

 

しかも、青少年って書いてあるから年齢制限あるのかと思ったら、年齢制限なし。

ちなみに入会審査があります。コワイ。申込用紙に入会の理由を書く欄があるんですけど、よっぽどのことがない限り、入会拒否はないと思うんですけどね...

 

無事入会審査を通って会員になると、会報が届きます。(会員特典は他にもアリ)

  • 海外と国内のペンパル募集のお知らせ
  • 海外ペンパルへ送る内容の例文(これ参考にすると便利)
  • その他(こんなイベントやります、私のペンパル紹介など)

 

海外ペンパルで一番多いな~って思ったのがスリランカベラルーシ・台湾!めっちゃ多い。あとはポーランドも多いかな。

以前やってた時はポーランドの子2人とやってました。

 

会報みてて思うのが、国内ペンパルのメンタルもちの多さ。2行くらい自己紹介みたいの書けるんだけど、「メンタルもちです。理解のある方お願いします」……。

いや、なんでこんな多いんだ?って思うくらい。別にメンタルもちの方がペンパルやっちゃいけないとかそういうわけじゃないですよ。

 

それとこんなお手紙が嫌だったって内容のコーナーがちっさくあるんですけど、それがおもしろかった。

「初回切手同封が嫌でした」「会おう会おう言われて嫌でした」「字が汚くて読めない」などなど。いろいろあるんだねぇ。

 

こんなかんじで会報見るだけでも楽しかった。会員手続きし忘れて切れてしまったので、また登録しなおしました。

切手とレターセットあればできるしね。ヨーロッパだとだいたい110円分の切手で送れたはず。日本風の切手を選んでみてもいいし、かわいい便せんを選ぶだけでもウキウキしちゃう。(100均で買えばもっと安く済む◎)

 

以前ペンパルだったポーランドの子、2人とも今はやり取りしていないけど楽しかった。

1人の子とはプリクラについて語った。ポーランドにもそんな感じのあるんだって。

もう1人の子はジャニーズが好きらしく、日本語で好きな曲のタイトルを書いてくれた。その子が急にポーランドのお菓子とインスタントスープを送ってくれて嬉しかった。でも、ポーランド語読めなくて作るの難しかった。お返しは日本のお菓子とアイドル雑誌。

 

ペンパルの難所

・郵便事情なのか、出したはずなのに届かないこともあった。つらい。

・英語で書く訓練(英作文とか)を普段からしてないから、何書けばいいかわからない  し、表現が浮かばなすぎる!いちいちGoogle先生にきいてたよ!!めんどい!!

・相手の筆跡に癖があって読めない。致命的。住所書くときに、この文字は何をあらわ しているのか...ってことがあって苦労した。

・続かないこともある。わたしは結構さぼりながらやってたからほんと申し訳ない。相 手からの返事がはやくて申し訳なくなる。MOUSIWAKENAI...

 

 ペンパルまとめ

普通にメールするだけよりも、便せんとか切手とか楽しみながら国際交流。しかも海外に行かずに国のことも知れちゃうってお得じゃないですか!?

買い出しとかポストに出す手間はかかるけど、家に籠もりん生活よりも少しでも外に出るきっかけになるし、時間のある大学生活に超おすすめ。

 

 

 

番外編:ポスクロ始めました

ポスクロとは?

世界中から無料でポストカード (はがき) を受け取ることができる、これが当プ ロジェクトの目的です。 あなたが1枚ポストカードを送れば、ランダムに選ばれた世界のどこかに住むポストクロッサー(ポストクロッシング参加者) から必ず1枚はポストカードが届く、というのがメインコンセプトです。

なぜ?私のように、本物の郵便を受け取りたいと思う人が大勢いるからです。世界の様々な地域 (その多くはおそらく今まで聞いたことがない場所)からポストカードが届くというサプライズ要素が加わり、郵便受けが驚きの小箱に変わる-それを嫌がる人はいないでしょう?

About Postcrossing in 日本語

 郵便受けが驚きの小箱!?!?驚きの小箱わろた。

まぁポストカード1枚送ると送った人とは別のだれかから1枚届くよー!ってことだ。

前々から興味あったけど、自分の住所教えちゃって大丈夫なのか?ほかにやってる人もいないなってことでやらなかったんですけど始めました。

 

ポストカードはロフトで買って(150円)、切手は家にあった80円切手にした。(ポストカードを送るのは70円分の切手で十分)

 

人によって、こんなカードがほしい!って結構書いてるので、それにあうようなカードを探します。

...日本ポストカード少なくね?イギリス行ったときなんかポストカード店が何軒もあったのに。

 

ロシアの人にはこれ

f:id:waiwaijw:20160810133317j:plain

 

ドイツの人にはこれ

f:id:waiwaijw:20160810133402j:plain

 

日本ぽいの送れたからおっけ。

 

届くのたのしみだなーーーー!!!

広告を非表示にする