ザフトさんのブログだよ

自分自身と向き合うためにブログやってます。

サークルやめたいならさっさとやめよう

秋ですね。

この時期になると「サークル合わなかった…やめたい…」って人がちょこちょこ出てくるんですけど、そんな人向けにやめる勇気が出るような記事を書きたいなと思ったので書きます。

 

 

 やめたいならさっさとやめよう

わたしは大学に入学して2つサークルを掛け持ちしました。いわゆる"兼サー"ってやつです。

そのうちの1つアカペラサークルを2ヶ月でやめました。やめてから何が原因でやめたいと思ったかいろいろ考えてたんですけど、最終的にある結論にたどりついたんです。

 

それは、私にとってそのサークル活動にお金と時間をかける価値が無かったということです。

サークルを続けるか悩んだときは、「その活動にお金と時間をかける価値があるかどうか」という基準をもつといいと思います。

 

ここで誤解しないでほしいのが、あくまでも「私にとって」であって、他の人にとっては十分価値があると思う人もいるということです。そのような人はそのまま続ければいいと思います。きっと良いサークル活動だったと思えるはずです。

 

でも、そう思えない場合、時間とお金をかける価値がないと思う場合はすぐやめることをおすすめします。さっさとやめよう。

 

そのサークルに時間をかける価値がありますか?自分の昼休みや放課後、土日の時間を削ってまで活動したいですか?みんなが休んだり、遊びに行っている間に練習したいと思いますか?自分自身に問いかけてみてください。

答えがノーならさっさとやめましょう。時間は命です。二度ともどってこないし、増やすこともできません。大げさかもしれませんが、自分の命でもある時間を削ってまでそのサークルを続けたいか考えてみましょう。

 

もう1つ、お金の話。

サークル活動をするにあたって、どのサークルでも部費がかかりますよね。その部費、ちゃんと払えてますか?バイトで稼いだお金を、自分の好きなものを買ったりするのを我慢してでも払う価値がある活動ですか?使いみちも分からず、高い部費を払っていませんか?いやいや行く飲み会で払う3000円、同じ3000円でも別の使いみちがありませんか?

 

 

やめようか迷う時点でもう答えはでている

サークル活動に自分の時間をかける価値があると思えるなら、サークル活動やってるから時間がない!なんて状況のときは「どうしたら時間を作れるか」を考えると思うんです。例えば勉強する時間がないなら、行き帰りの電車で勉強するとか、朝早く起きて勉強するとか考えられますよね。

 

サークル活動にお金をかける価値があると思えるなら、部費や費用がかかるってなったらバイトしてお金を増やしたり、フリマアプリでいらないもの売ったり、ネットビジネスしてみたりといろいろ考えられると思うんです。

 

でも、どうすれば時間やお金をやりくりできるかを考えるよりまず「やめるかどうか」を考えてしまうのは、もう結論としてでてると思うんです。やめていいんじゃない?

 

 

最後は「自分で」決めよう

よくサークルやめようかな〜って言ってる人の話を聞いてると、

「リーダーにもなっちゃたし、周りにも迷惑がかかりそうで…」

「就活でアピールできるものがないし…親にもやめないほうがいいんじゃないのって言われて…」

「もう部費も払っちゃたから、とりあえず春学期までは続けようかな…」

 

もうね。やめるかどうかなんて自分で決めていいんだよ。

 

周りの人に迷惑がかかるかどうかを気にする人が多いけど、めっちゃ気持ちわかる。部員が少なかったり、重要なポジションについていると、やめたあとの反応も怖いし、引き止められるかもしれない。

でもね、迷惑かどうか決めるのは「相手」側なんだよ。「自分」が迷惑になると思ってても「相手」からしたら迷惑とは思わないこともあるんだよ。

 

自分に向いてないから先輩にやめようか相談したら「やめないで!最初はみんなそうだよ!大丈夫だって!うまくなるよ!」って言われるかもしれない。

向いてないと思ってたけど、先輩の言うとおりにあきらめず続けたらうまくなれた!ならいいかもしれない。でも仮に、結局うまくなれないし本当に向いてなかった場合に、その責任を先輩がとってくれるわけじゃないんだよ。「先輩があの時やめるなって言ったから…」って言っても、「お前がやめないって決めたんだろ」って返されちゃうよ。

 

就活でサークルがアピールするにしても、やめたいサークルのアピールできる?親に言われても、「自分の」人生のことは「自分で」決めていいんだよ。

 

部費払っちゃったから、半期は続けるにしても、やめたい気持ちを引きずったまま活動しに行くの?心がしんどくない?行きたくないなって思いながら時間消費するのもったいなくない?自分が本当にやりたいこととか、好きなことにあてたほうがよくない?

哲人 あなたは大きな間違いをしている。いいですか、われわれは他者の期待を満たすために生きているのではない」のです。

 

哲人 あなたは他者の期待を満たすために生きているのではないし、わたしも他者の期待を満たすために生きているのではない。他者の期待など、満たす必要はないのです。

 

哲人 ユダヤ教の教えに、こんな言葉があります。「自分が自分のために自分の人生を生きていないのであれば、いったい誰が自分のために生きてくれるだろうか」と。あなたは、あなただけの人生を生きています。誰のために生きているのかといえば、無論あなたのためです

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

 

 

やめることを「逃げ」だという人がいるけど…

やめるっていうと「逃げ」だとか「根性がない」「弱い」という人がいるけど、私は違うと思う。

やめるってことは一つの「選択肢」であると思うし、

「やめて逃げた」のではなくて「やめる選択をした」と解釈されるべきだと思う。

 

 

やめるか続けるかは自分で決めていいんです。

自分の人生なんだから。