ザフトさんのブログだよ

自分自身と向き合うためにブログやってます。

早く自由になりたい

留学出発まであと4日です。

 

無事テストも終わり、バイトも昨日でとりあえず終わりになりました。

 

早くドイツに旅立ちたいです。最近、ブログの記事が暗いんですけど、今日も暗いです。

 

尾崎豊を毎日聴いている影響か、社会に対する疑問とか、今までおかしいと思いつつも封じ込めていた気持ちと向き合う日々が続いています。

 

結構しんどいです。でも、この抑圧された気持ちと向き合うのは、自分をもっと理解するのに重要なことだと思います。

 

昨日図書館で尾崎豊著『幻の少年』という本を借りました。そこで印象に残った言葉を並べていこうと思います。

 

俺は悪魔たちを嫌という程見てきたが、神を見たことは一度もない。

 

神と悪魔という対称的な存在。この世の中には悪魔のような人や社会や状況がたくさんあるけれど、神のような全てを救う存在は見たことないし、これからも現れないだろう。この言葉をみて、社会、世界ってそうなんだよなと共感しつつ、神のような救いが訪れることのないことに悲しみを感じます。

 

 

 人間は自分の事しか考えていないと責められ、社会のために何かをすればカッコをつけてと責められ、犠牲になった傷みは自分のせいだと責められる。

 とても矛盾している。

(中略)

 自分が理解出来ない事を人から無知よばわりされ、あらゆる事に理解を深めようとするが、そこに見えたのは、自分自身の無知さと愚かさだった。果たして人間はいかに生きるべきか。

 

私が最近になって傷ついてることが何なのか、うまく言葉に出来なかった。でも、この言葉をみて、そうなんだよそうなんだよって共感しました。

就活とか、バイトとか、大学とか、いろんなところで様々な人と会って。高校時代とは比べ物にならないほどいろんな経験をして。

でもその分、いろいろなことを知ってしまった。社会の矛盾、大人の世界の矛盾に傷ついた。

 

誤解され、人を傷つけ、傷つけられて傷みを知った小学校時代。

部活も、クラスも、先生もすべて敵に思えた中学時代。

自分を徹底的に誤魔化すことで安らぎを得た高校時代。

自由に近づいた分、今まで大人たちが隠していた矛盾した世界を知ってしまった今。大学時代。

 

いずれ皆、この矛盾した世界を知ることになる。子供のころから皆、それとなくこの矛盾に出くわした。でも向き合うことなく通り過ぎた。

 

今、私はこの矛盾と向き合って生きていかなくちゃならない。

 

生きることは辛い。

 

SNSでキラキラしてるあの子も、電車で隣に座った酒臭いおじさんも、おせっかいで過保護で、でも愛のある親も。みんないろんなものを抱えて生きているんだろうか。そう思ったら、なんだかみんなともに戦う同士に思えた。

 

こんなに矛盾して悲しい世界なら、もっと人は悲しみを表に出していいんじゃないか。

 

生きる意味とか、世の中の矛盾とか、いろいろな人と話したりしたいけど、こういう話題は「かたい」とか「重い」とか「面倒くさい」で終わってしまうよね。多分。

 

これから自分はどうやって生きていけばいいんだろう。答えが出ないのはなんとなく分かっているんだけどね。今は世の中に蔓延る「人は一人じゃない」とか「生きていれば良いことが必ずある」とか、そんな言葉が偽善に聞こえる。

 

すっごく自分が卑屈でたまらない。