ザフトさんのブログだよ

自分自身と向き合うためにブログやってます。

ドイツ人のハエ・蜂との共存がやばい

ドイツから帰ってきました。1ヵ月長くも短くも感じます。

この1ヵ月で驚いたのは、ドイツ生活でたくさんハエとハチを見たことです。

 

ハエ、入ってるんだけど

ケバブ屋さんでのこと。中に入れる野菜をどれにするか見ていたら、野菜にコバエが。

(…ハエがいる…何で取んないんだよ……)

ふつうに野菜にハエがとまってました。でもみんな気にしてない。大丈夫か…?

 

 

蜂、いるんだけど

ある日はカフェで。だいたいドイツのカフェって外にも席がたくさんあって、みんなそこで飲んでます。するとあるドイツ人ファミリーの飲みかけの飲み物に蜂が。

でも誰も驚くことなく、放置。大丈夫か…?中には入らないように、コースターでフタをする人もいました。

 

 

そのほかにも網戸がないからハチや足の長い虫が部屋に入ってくるし、ハチはぶんぶん飛んでる(大きさは小さめ)し、びっくりでした。

 

部屋に巨大なハエが入ってきたときは、制汗剤(殺虫剤がなかった)片手に、そしてもう片方はスリッパで戦いました。結果的に大きく窓を開けたら逃げていきました。

 

道を歩けばゴミ箱にハエがぶんぶんたかってるし。

お店(飲食店)でも、近くにいても気にしないのにはびっくり。日本だったらハエが食事の時にいたら大問題なのに。

 

そのわりに蚊はほとんどいなかった気が。窓付近にちっさい虫の死骸はしょっちゅういた。

 

かえって来て早々虫の話でした。