ザフトさんのブログだよ

自分自身と向き合うためにブログやってます。

短期留学に行って、長期留学する気が無くなった話

f:id:waiwaijw:20171102213704p:plain

街並み


今年の8月に、まるまる一ヶ月間ドイツに短期留学しました。

 

 費用は1ヵ月で全部込みで50万円くらい。お金貯めてなかったんで、親に前借していきました。残りの返済はあと20万です(._.)

 

短期留学か長期留学かすごく迷ってて、まずは短期で行こうと思いました。長期で行って、文化とか生活になじめなくて途中で断念することになるのは嫌だったので。そうなるのはもったいないと思ったので。

 

学校のプログラムで行ったので、同じ大学から20名程度まとまって出発しました。総合的には不満もあったがまぁ満足といったところです。

 

 

短期留学で良かった点

・少し現地での生活に慣れた

・観光よりももっとドイツのことを知れた

・他大学の人と交流できた

・日本人の友達と仲良くなった

・夏休み中にドイツ語力が衰えずに後期の授業に臨めた

・大学のプログラムのため、不安が少なかった

 

現地で1ヵ月過ごすことになるので、日本の生活と違ってゆったりできました。授業受ける→買い出しor洗濯orチュータードイツ人による観光や遊び→宿題して寝る っていうサイクルでした。比較的予定がつめつめなので疲れからかすぐ眠れました。

 

他大学の人とも一緒になったので、社会的なことを議論したりとか、普段同級生でも授業でもほとんどやらないことができてこれは有意義な時間でした。

 

ユースホステルに戻れば日本人が周りにたくさんいるわけで、土日の観光も皆で行くので一緒に行った友達と仲良くなりました。ドイツに来てるのに感は感じてたけれど、個人的に仲良くなれたのは良かったです。

 

 

良くなかったところ

・基本、買い物でしかドイツ語を使わなかった

・日本人だらけの授業だった

・1人行動を控えるよう言われたので、常に友達行動・団体行動だった

・費用が高い

 

意外と日常的に使う機会ってそんなになかった気がします。常に身近に日本人がいるので、何かあれば日本語で聞けちゃう環境でした。ん~、上達にはあまりよくはないですよね。

 

しかも授業はほぼ日本人(同じ大学)だけなので、授業の雰囲気が日本。日本人を担当したことないドイツ人の先生は、日本人特有の静かさや消極性に「ときどきみんなが何を考えているか分からない」と思っていたらしい。

 

ぶっちゃけ費用高いです。個人で行った人はもっと安かったらしい。

 

 

焦るわたし

2週目過ぎたあたりから、「前に聞いたことあったがさすがに日本語ばっかしゃべりすぎじゃねぇか…?ドイツに来たのにドイツ語全然勉強してないんじゃねぇか…?」と焦ったので、

 

ドイツ語日記を添削してもらう+図書館に行って勉強

 

をしました。Wi-Fiがタダで使えると聞いていたのに有料だったので、1回買ってあとは買いませんでした。ネットが使えたらhellotalkとかにドイツ語でバンバン投稿してたかもなんですけど多分。それにWi-Fi買っても、ネットサーフィンばっかりやってしまう危険性もあったので…

 

毎日ではないですけど、その日にしたことをドイツ語で書いて先生に添削してもらいました。放課後にイベントがない日は大学の図書館でドイツ人にまじって勉強しました。ドイツ人たちの机で一緒に勉強するのは少し緊張しました。

 

 

全体的な感想として

ガッツリ勉強は出来なかったと思います。私は特に一人だと行動するけど友達が一緒だと友達に甘えてしまうことがよく分かりました。もっとチューターのドイツ人に話しかけたりすればよかったと思いました。チューターの人と観光に行ったときに、みんな団体で行くんですけど、友達を一人にしちゃ可哀想とか勝手に考えてずっと一緒にいたり。最終日が近づくにつれて少し話したけど。この後悔が一番大きいかも。

 

ただ、ドイツのことを1ヵ月でたくさん知れたこと、ドイツ人がよく使う言葉を知れたり、美術館にたくさん行けたことも良かった。ドイツのいいところ悪いところ、日本のいいところ悪いところも認識できた。

 

この記事のタイトルにもあるんですけど、短期留学から帰ってきて、自分はドイツに留学したいのかよく分からなくなりました。留学したい目的もないし、ドイツでなきゃいけない理由もない。留学に行く前は、現地でドイツ人にまじって勉強したいとか、ドイツがどういう国か知りたい、ドイツで暮らしたい!って思っていました。今回の短期留学で満足しちゃった感はあります。私の今までのドイツに留学したいという気持ちは、大部分が「ドイツに一度行って暮らしたい!観光もしたい!」という気持ちだけだったのかもしれません。

 

この気持ちをうまくまとめるのがすごく難しいんですけど、別に留学先が必ずドイツである必要もなくて、日本じゃなくてドイツで学びたい!って思うものも無く、観光もたっぷり時間あったからできたし…満足しちゃった感があります。ちょっと気持ちが冷めた感じです。帰国してからずっとこんな感じなんで、ドイツ語の意欲がちょっと減ってるんですよね。もともと当時好きだった某ジャニーズの出身がドイツだったことがきっかけでドイツ語学科を選んだ人間なので。これがフランス出身だったらたぶんフランス語学科にしてたと思います。

 

これからゼミが始まるんで、もしかしたらドイツでゼミの内容に関する授業を学びたいって思うかもしれないけど、いまのところ分かりません。